【釣魚寿司】第一回マイワシ編

こんにちは。釣った魚を寿司屋に持ち込み握ってもらう…

あこがれますよね。行きつけの寿司屋といえば100円寿司。近所に寿司店はありますが、年に1回出前を頼むかどうか…

間違いなく持ち込んだら嫌な顔されます(´Д`)、万が一快く受け入れてもらえたとしても、他の寿司も頼んで家族4人で1万円以上…

寿司はハードル高い気がしますが、魚も捌けるようになりましたし、練習さえすれば自分でできるのではないだろうか…

ということで自分で握りを極めるべく、本を購入しました

にぎり寿司職人を目指すあなたにおすすめの1冊


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すしの技術大全 江戸前握り寿司、押し寿司、棒寿司の知識から魚のおろ [ 目黒秀信 ]

価格:5184円(税込、送料無料) (2018/11/20時点)

楽天で購入

かなり詳細に書かれており、対象魚種も豊富。これは良いです

寿司の握り方から、経営のことまでわかるこの1冊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 すしの技すしの仕事 / 小澤諭 【本】

価格:4536円(税込、送料無料) (2018/11/20時点)

楽天で購入

一般的な魚の仕込み、握り方から、銀座で寿司店を経営する小澤氏の、寿司店を独立開業するまでのお話等充実した内容です。

本日の食材南知多産マイワシ


最高の鮮度と、なかなかの太り具合で美味そうです(*´-`)

まずはウロコを除去

頭内臓を除去

腹はケチらず切り取ってしまいましょう

ここで3枚おろしですが、写真を撮り損ねました…

それでは握っていきましょう。


では教科書どおりに握って

一貫で二枚(一匹分)を使用しています。

最近アニサキスが心配です…しっかり目視で確認したつもりですが、よーく噛んで食べるよう案内して提供しましょう。

やっぱ生姜とネギが無いとイマイチな見た目ですねぇ。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です