イシダイ五目釣りで釣った【ヘダイ】の調理編

先日のイシダイ五目編。ゲストにたくさんのヘダイがかかってきました。周囲の釣り人はリリースしている人もチラホラ。

前回のウタセ海老五目釣り

本日の食材はヘダイ


このヘダイ。なぜか東海地方ではマナジというらしいです…

魚料理は下ごしらえが全てですよ


ここで手を抜いては全てが台無しです。非常にメンドクサイ作業ですが、丁寧に三枚におろしていきましょう。

丁寧に中骨は全て骨抜きで除去します(*´-`)

この状態になれば完成!様々な料理に使えます。

①ヘダイ飯


なんか旨そうな名前ではありませんが、オススメの調理法です。

ポイントは香ばしさを出すため両面焼くことです。グリルで焼いてもよいですが、グリルを洗うのがメンドクサイので、バーナーで両面を焼きます。

コンガリ焼けておいしそうですが、内部はレアです。

その間水を入れ入れた鍋に昆布を少し。塩を降った中骨、頭を鍋に投入しダシをとります。

30分程煮た後、ザルで濾してダシを冷まします。この際目に粗いザルでは、細かな骨が通過してしまいます。念のため茶こし並に目の細かいものを使用することをオススメします。

その後研いだお米に投入。醤油、酒を大さじ1入れて炊きます。

できました。真鯛の鯛めしと変わりません。これなら骨も無く、子供達も安心してたべれます(*´-`)

②ヘダイのホイル焼き


定番ですね。タラや鮭の代わりにヘダイを使っただけです(;´д`)ちなみに画像上はチダイを使ってます。

クセが無く、脂も少ないのでバターでコクを出しましょう。

本日はヘダイ尽くし


ヘダイ飯に使ったダシ汁で潮汁を作成。余ったヘダイ、チダイでムニエル。

ヘダイはかなり優良な食材ですので、リリースするなら全て私が頂きます。是非お声かけください。

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です