知多半島初夏の【シロギス】ボート釣り編@愛知県南知多小佐ボート

知多半島でシロギス釣りが開幕しています。前々回も堤防で20匹近い釣果。

船釣りでも…と考えましたがボート釣りでも好調な模様。

今回は南知多の小佐ボート(コサでなくオザ)に行ってまいりました

小佐ボートとは


小佐ボート概要(2019/6時点)

  • 出船場所…知多半島小佐漁港周辺(道路沿いです)
  • 料金…2名乗りボート(1名利用時3,500円、2名利用時4,000円) ※4名のりの和船9,000円 船外機付き和船11,000円
  • 駐車場…有(無料)
  • 餌…売ってない。ちなみに氷も売ってません
  • システム…基本順番。4:00~整理券配布? 和船、船外機は要予約ですので並ぶ必要はありまん。
  • 特徴…ポイントまでボート屋さんが引っ張てってくれます。よって漕ぐ必要がありません。帰りもラクチン。     携帯必須。 上記画像のように行きはムカデのような感じで出航するのです。

今回はキス釣り


ポイントまでは10分程度。水深10メーター程度の砂地のポイントです。一投目からアタリがあったものの虎柄のハゼがダブル…

テカミハゼと呼ばれてましたが、これはたべれるのでしょうか?とりあえずリリースです…

シロギスもヒット


ボート上でも足元に落とすだけでは食いません。チョイ投げしさびいてきましょう。マアマアのサイズがダブルヒットです。

朝一は小さめでしたが、10時ころから良型(といっても18㎝くらい)

刺身サイズも釣れましたのでこれは寿司ネタとすることにしましょう!

本日最大サイズも


同行者が船酔いで限界を迎えたころ、本日最大サイズが釣れました。まだまだ釣れそうですが、船酔いには勝てませんので帰ることにしましょう

帰りも送迎サービスにより楽チン


通常のボート釣りの場合、釣り終えた後陸まで戻るの大変ですよねえ…

しかし小佐ボートではそんな心配は無用なのです。

携帯一本でこの頼りがいのあるアニキが迎えに来てくれるのです。

本日の釣果は


二人で約50匹でした。6:00~11:00くらいでこの釣果ですので満足です。

ちなみに開始早々釣れたハゼを泳がせ仕掛けで投入していましたが、最後まで元気よく泳いでいたためマゴチ捕獲とはなりませんでした…

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です