【釣魚寿司】第9回シロギス編

前回のキス釣り。まずまずの釣果でした!

全部天ぷら、フライではもったいないので寿司にすることとします。

回転寿司でシロギスがあったらほぼ海外の冷凍ものです。今回は国産の釣りもの。カウンターの寿司屋で食べたら一体一貫いくらになってしまうんでしょうか

今回の食材はコチラ


愛知県知多半島産のシロギスです。

鮮度抜群ですよ!

キスの握りには片身を一貫で


20センチくらいのが最適かと思われます。

キスを捌く際のポイントですが…素早く温度が上がらないように処理するくらいですかねえ

皮を引くのが至難の業


上手にひけませんでした…

しかしシロギスは皮にも旨味が含まれているため、湯霜、炙りにして提供しましょう。そうすれば皮をひくこともなく、皮の旨味も味わえるのです。

シロギスは非常にたんぱくです。たんぱくということは悪く言えば旨味が物足りない感じもします。

 

今回は湯霜、炙りにした後軽く昆布で〆ています。非常に深い味です。最高

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です