自宅で作る自家製【アジの干物】編

黄金色に輝くマアジ。先日180匹釣ってきました。

まずは刺身にと考えますが、180匹いるとそういうわけにはいきません…

こういう場合は干物を作成し、じっくり楽しみましょう(*゚∀゚*)

アジの捌き方


ウロコ、ゼイゴを除去し、まずは頭と内臓をこのように除去します。このようにひっぱると内臓が崩れずに崩れずに取り除くことができます。

この時期のアジ内臓脂肪が入ってます。こりゃ旨いですよ。

第一段階


たくさん捌くと時間がかかります。まずはこの状態にし、冷蔵庫で冷やしながら捌きましょう。

この状態で圧力鍋で煮れば骨まで柔らかい煮付けができますよ。

背開きの工程


このような状態にするのですが…

このような状態で刃を入れます。包丁はよく研いでおきましょう

背骨を除去


難しいのはここです。背骨を除去します。

といってもたくさん捌けばすぐ慣れますよ

この背骨の付け根を断ち切り、頭の方面にひっぱります。

うまくいきました(*゚∀゚*)

腹骨をすきとり…

最終工程


背中のトゲを包丁で押さえて引き抜きます。このトゲが残っていると台無しです…

これも2、3回やるとなれますよ。

さぁあと150匹以上さばいていきます…

10匹づつ捌き、すこしずつ冷蔵庫に入れておきましょう。

小魚ですから時間がたつとすぐ温度が下がり鮮度が落ちてしまいますよ

クーラーの中を見るとウンザリするような量…

まだ山程(;´д`)

背開きが完了


さぁ背開きが完成しました。

フライでもいいのですが、今回はみりん干しにしましょう。

みりん干の調味料の比率


醤油、みりん、砂糖、酒を同量を沸騰させ(といっても好みの問題ですので甘めが良ければ砂糖増量)、冷ましたタレに漬け込みます。時間は約1時間ですかねぇ…

ベランダに干す


ベランダに半日程度干します。あまりカンカン照りの日であれば干し時間は短めで。あまりカリカリに干してもイマイチです。

少し水分が残るくらいがベストです

完成


完成!奥がみりん干し、手前が塩干しです。塩干の配合は15%食塩水に日本酒を少量加え1時間程度漬けこみます

一口サイズですがご飯のおかず、酒のつまみに最高ですよ(*゚∀゚*)

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です