見た目は不気味だが以外にオイシイ魚【イラ】を調理編

なんだか不気味…というかカワイイ魚というか…

大体の釣り人はイラが釣れるとガッカリしいますね。しかしネットで検索すると、身が柔らかいが非常に美味!とか、良い評価が非常に多いです。もし調理法がわからなかったり、見た目が不気味でリリースされる方、私が頂きますのでゼヒ!

本日の食材はコチラ


やはり40㎝となると凄い迫力です。相当な重量感で上がってきたのですが、重さは…

グッドサイズですなやはり

不気味ですが、こんな歯をしています。こうやってみるとブダイに似ていますねえ

イラを解体


骨が硬いですねえ。中骨を断ち切るのが大変です。ちなみにサイズの割に、内臓が妙に少ない魚でした

イラといえば頭のこのゼラチン部分。どうやってこれを活かしましょうねえ

3枚おろし完成しましたが、非常にキレイな白身ですねえ。

しかしこの魚何か別の魚に似ている…

うーん

なんとなくこの魚に似ているような…


値段は5倍くらい違いますがアマダイに似ている気がします。

身も柔らかいし、色も似ている。皮目も少し似ています。

味はどうなんでしょ…

こちらがアマダイの身ですよ

今回は鍋に


頭、骨は良い出汁が出るとのことで【イラ鍋】としました。

最初に昆布、頭、中骨でよく出汁をとっておきます。

おまけにコダイ、ハタ等外道軍団のアラも出汁に使ったおかげで深い味わいに

ほっぺたの肉も旨いですよ

これは外道の三枚おろし+中骨抜いたフィレ状態です。

左からイラ(小)、ハタ、コダイ、カサゴです。

これを薄くスライスし

しゃぶしゃぶでたべたところ当然旨いわけです。

〆は雑炊ですよ

残りの半身は別の調理方法で


刺身だと普通の柔らかめの白身の刺身となります。

一切れ刺身を食べたところ、何か物足りません。この魚は水分を抜き、昆布の旨味を加えれば別次元の味となるはず。(某寿司サイトに記載がありました…)

ということで昆布を購入し、現在昆布締め作成中です。昆布締めは釣魚寿司編にて…

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です