先日乗合船で釣った【イシダイ】を7日間熟成し調理編

先日運よく釣れたイシダイ。

釣ったその日は硬くて味が無いというのは有名な話ですので、今回はジックリ寝かせてから調理することとしました。

本日の食材はコチラ


珠栄丸で釣り上げたイシダイです。さてどう料理しましょうか…

7日経過


できれば津本式究極の血抜きが良いのでしょうが、道具も無いので、活〆+普通の血抜き+キチンペーパーで巻いてジップロック方式(ストローで空気抜く)となっています。

三枚おろし


真ん中の骨は骨抜きで抜くのは硬くて難しいです。よって大胆に切ってしまうことをオススメします

脂はのってますが、さすがに一週間経過してますので若干変色が…

寿司ネタのスライスはななめにするのがオススメ

熟成イシダイの握り


脂のってますねえ

握り寿司の準備


さて握っていきましょう

今回はうまくいきましたよ!

二品目イシダイの煮付け


あらかじめ塩をふり…

たっぷりの熱湯で霜降りをします。これでプロの味に

醤油、砂糖、みりん、酒を同量混ぜ沸騰したところに下処理した魚を投入します。

上手にできました

三品目イシダイのアラ汁


4品目皮の湯引き


刺身を引いたあと残る皮を沸騰した湯へIN

1,2分茹でたら氷水に入れ、キッチンペーパーで水気を切り細かく刻みます。

仕上げにネギとポン酢をかけ完成

イシダイの食味は


おそらく船釣りでの魚だからだと思いますが、臭みは0です。刺身、煮付けとも最高の味わいです。

本には少し磯臭いと書いてありますが、まったくそんなことなく美味しかったですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です