清水港産タチウオ料理編

先日のタチウオ釣行編はコチラ

清水産タチウオとは

清水のタチウオはブランド化されており、特に漁師による釣りで捕獲されたものは高値がつくそうです。

私愛知県民なので知りませんでしたが、静岡では高級魚として認知されており、寿司屋では定番の高級ネタとして出回っています。地元の人はタチウオのことを「タチ」と呼ぶほどポピュラーな魚だそうですよ

※見にくいのですが、指4本クラスでなんと約2500円。指5本オーバーは5000円以上するそうです…

清水港の湾内でとれるタチウオは、外海の魚と比較し脂の乗りが別格とのことでこの値段が付くそうです。ウーンじゃあ今回の釣果は1万円超えということでしょうかねえ…

タチウオを捌くと腹の中に…


当然餌のサンマが入っているかと思いきや…

驚くべきことに、釣れたタチウオの腹には、船長の餌であるデカイカマスが入ってました。しかも大きい3匹すべて。

当日船長が隣で釣っていたのですが、船長の餌に寄ってきていたようですねえ

これくらいの幅があると食べ応え十分ですよ

これはタチウオの腹側ですね。

煮付け


甘めの煮汁で煮つけます。

酒1砂糖1醤油1みりん1の割合。間違いありませんよ

トロリろしたタチウオの脂がたまりません…

塩焼きがオススメです


細身のタチウオを塩焼きにすると食べにくくてたまりません…オイシイですけど…

このサイズとなると中骨を外したり、細かな骨も除去しやすく、脂がたっぷりのっており最高です。

アラも活用し味噌汁に


結構いい出汁がでます。捌いた頭、中骨(骨揚げにできないような太目のを)で出汁をとり味噌汁も作ります

深い味わいだ…コクがある…最高…と思ったのですが、どうやらカツオ、昆布エキス入りのマルサン白味噌を使ってしまったようです…

タチウオ出汁、昆布、カツオのトリプルスープ。そりゃコクがあるわけです…

タチウオ定食


タチウオ定食の完成です

一日寝かせて刺身を


やはり太いと捌きやすいです…

捌いているとなんか骨にコブが…なんですかねコレ

タチウオは長細いので、適度な長さでブツ切りにしてから三枚におろした方がヨイですよ

 

フィレ状態になりました。刺身でもフライ、天ぷら、干物でもOK

残った身を塩焼き。やっぱ最高ですねえ

細いのはみりん干し


煮付けと同じ配合のタレに一時間ほど漬け込みます。

あとはこれを干すだけで完成です。

タチウオ総評


クセの無い白身ですのでどのように食べてもおオイシイです。

刺身も当然ウマイわけですが、ぜひ塩焼きを食べてほしいですねえ。

いろいろ食べてますけど本当にオススメ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です