御前崎産【マルソーダガツオ 】を調理編

先日のイサキ釣りで、仕掛け回収時に数匹ゲットしたのですが…

持ち帰ったのは最もデカイ1匹のみ。サバ同様後悔することに…

御前崎のソーダガツオは全部持ち帰るべきです。本ガツオより間違いなく美味かったのです((((;゚Д゚)))))))

本日の食材はコチラ

体高のあるソーダガツオ です。

今回釣った直後首を折り血抜き、内蔵も抜いてきたのですが、アニサキスの巣窟となっていた事は伏せておきます…

ちなみに帰りの魚屋で売っていたのがヒラソーダですね。よくみると違います。

ヒラソーダとの違いは背中から尾にかけての模様です。

ヒラソーダは尾にかけての形がYの右に回転したようになるのです

ソーダガツオ の身質は

物凄い脂で腹側はトロのようです♪

ちなみに内蔵付近にいたアニサキスは腹にめり込もうとしている場合がありますので、ピンセットでしっかり除去しましょう!

これは美味いに違いない!

皮引いて生で食べても美味しそうですが、アニサキス予防で炙りに加工します!

岩谷ガスバーナーでコンガリ。

この後、念のためですが、ラップでくるんで一日冷凍します。アニサキス怖いです(´Д` )

マルソーダ ガツオの炙りを実食

腹側の身最高です。旨すぎる(;´д`)脂たっぷり。ソーダガツオ 舐めてました

背側もメチャクチャ旨い…酸味のある味に脂の旨味も十分。

まとめ

こんな旨いと思いませんでした。本マグロのトロと比較しても遜色ない旨さ((((;゚Д゚)))))))

例年大山沖で釣れるのはこんな旨くなかったはずです…

この時期の御前崎だからなのでしょうか

次回から全て持ち帰る方針に変更ですが、鮮度とアニサキスには十分注意したいですねぇ( ˘ω˘ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です