白身のトロ。篠島産【イシダイ】を調理編

先日ウタセマダイ釣りの外道で釣ったイシダイです。見るからに脂がのってそう…

昨年珠栄丸で釣ったイシダイと同じ長さですが、約400gも重いのです。

絶対ウマイぞ( ´∀`)

ウロコとヌメリを除去し、腹を割ると((((;゚Д゚))))脂肪の塊が

腹の中も脂で真っ白。やはり島周りの魚は脂がのっているというのは本当のようです

熟成

津本式といきたいところですが、器具もないので、キッチンペーパーでグルグル巻きにして密封7日間。

開いてみると、今までの釣った魚で一番の脂のノリです((((;゚Д゚)))))))

イシダイの脂ノリは…

真っ白((((;゚Д゚))))

別の角度からもう一枚

イシダイの握り

握り寿司用にスライス

準備ができたので握っていきます♪

めちゃ美味そう…

若干変色してるところもありますが、物凄い脂肪分です。

炙りにしても最高♪

イシダイの煮付け

カマと頭は湯通しして

アラ煮です。脂ののった魚ですからウマイですよ

こちらは頭と半身を煮付けに

皮もプルプルでオイシイ。身は締まっているのに脂タップリ

本日はイシダイ定食

中骨でアラ汁も作ってイシダイ尽くし

甘辛い煮汁と抜群の相性

美しい…

イシダイ調理編総括

イシダイの脂のノリは個体差があります。今回は大当たりでした(´∀`)

そしてポイントは熟成。内臓抜いて水気を切り、5日間以上冷蔵庫で寝かせてから食べることをオススメします(((;゚Д゚))))

そうそうウタセマダイで釣った25センチくらいの鯛ですが…

刈谷のハイウェイオアシスでお安く売ってました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です