大山沖産タチウオ調理編

タチウオは白身の高級魚です。しかも一本釣りで銀ピカ!

前回一色魚広場で見かけた際はなんと2,500円!?ということは今回の釣果、約5万円ということですな…

本日の食材はコチラ

うーん美しい

タチウオの下処理

指5サイズは意外にも1キロありませんでした…やはり静岡の清水のタチウオはブランドというわけですね( ゚д゚)

さて捌いていきましょう。

1匹一気にサバくのは無理ですので、頭を落とし、肛門のあたりで半分にします。

タチウオのハラモです。ココ脂のってうまいんですよ♪

このようにキッチンペーパーで掴んで、黒いマクを太い方の端から引っ張るとキレイにとれます

あとは丁寧に三枚おろしにしていきます

フィレ状態にすればあとは簡単♪

タチウオに何やら付いています

さすがフィッシュイーターですね…たぶんコレ寄生虫ですな…米粒みたいだけど…

ナニコレ!?アニサキスにしては柔らかい…。コレ結構いました。全部骨抜きで除去

中骨の活用方法

米粉、片栗粉半分ずつまぶして冷凍しておきます。指4以上は中心の太い骨はちょっと固いかもしれません

中火でジックリと揚げます

一品目タチウオの骨唐揚げ

タチウオの骨美味いです((((;゚Д゚)))))こりゃ捨てるの勿体ないです

二品目タチウオの炙り

わさびと塩でいただきましょう。脂っけは程よい感じです

三品タチウオの塩焼き

やはり塩焼きは美味い。指4以上推奨です!

四品目タチウオの干物

好みでいいと思いますが、煮付けと同じで酒、砂糖、醤油、みりんを、同量煮立てて冷まします。2時間程度つければオーケー♪

ベランダで半日程干して完成です♪

右は塩干しです。このように一枚ずつラップでくるんで冷凍しておきましょう

軽く炙って食べると最高にオイシイ♪

次はみりん粕漬けでもやってみようと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です